沿革

1871 明治4年 本多商店として創業(東京・日本橋)鉄道、船舶、炭坑用照明機器の製造販売を開始。
1817 大正6年 株式会社本多商店に改組(東京・八丁堀)
1933 昭和8年 アルカリ蓄電池(炭坑用安全灯)を製造開始(東京・五反田)
1938 昭和13年 蓄電池製造部門を分離独立し大日本鉱業精機株式会社を創立。製造工場を新設(東京・目黒)
1943 昭和18 年 商号を本多電機株式会社に変更。陸軍・海軍向けに蓄電池を納入。
1945 昭和20 年 戦争による被災から本社工場を復旧し、生産を再開。
1949 昭和24 年 営団地下鉄(現東京メトロ)向け電車用蓄電池納入(以後全8 路線に拡大)。
1956 昭和31年 中国(炭坑用〕及びアルゼンチン(車両用)向け蓄電池の輸出。以後70カ国向け蓄電池及び電源機器関連。
1959 昭和34年 古河電池株式会社と業務提携(アルカリ蓄電池)。
1961 昭和36年 古河電池株式会社と資本提携。
1964 昭和39年 東京オリンピック用聖火灯製作納入(その後メキシコ、札幌冬期に納入)。
1965 昭和40年 スウェーデン・ニッフェ社(現 仏サフト社)と蓄電池に関する技術提携。
1970 昭和45年 製造工場を新設(福島県いわき市)。
1982 昭和57年 資本金を2 億円に増加。
1988 昭和63年 韓国・ロケット機電社へ技術供与。
1989 平成元年 本社社屋竣工(建坪9,204 ㎡)。
2000 平成12年 ISO9001 認証取得。
2002 平成14年 いわき事業所(電池製造部門)を子会社(100%)として分離独立。
2003 平成15 年 ISO9001:2000 年版に更新。
2006 平成18 年 会社分割のため「HD ホールディングス株式会社」の100%子会社となる。
2008 平成20 年 東京都品川区西五反田に移転。
2009 平成21 年 ISO9001:2008 年版に更新。
2011 平成23 年 東京都品川区上大崎に移転。

本多電機株式会社 製品/商品変遷(pdf)


■船尾灯

■1972 年
札幌冬期オリンピック聖火灯
  
-
-
-
ページトップへ